ダイヤモンド気功とは?

当サイトの目的

当サイトは、心身の異常で苦しんでいる方を救済するためのサイトです。

管理人のポリシーは「人の役に立つ人間になりたい!」と思っていますので、一人でもお役に立てれば幸いです。

気功とは?

「気功」という言葉をご存知ですか?

簡単に説明すると、人間の体の中には「気」が流れていて、その「気」が、病気や、逆に健康をもたらすという考え方です。

中国は、「気功の歴史」が古く、中国の病院では、「気功治療」として大衆に浸透しています。

ですから、中国の医者には、「気功」を専門とする医師も存在するわけです。

気功(きこう)は、中国伝統の民間療法、代替治療です。
過去には、呼び名が様々で統一されていなかったところを、1957年に「劉貴珍」が『気功療法実践』を著し、「気功」という統一された名が一般に定着しました。

※Amazonで「 劉貴珍 」の本が販売されています。
気功療法実践 単行本 – 2005/3/1
https://amzn.to/2Ur60SF

どういうわけか、新品の価格が急上昇しています?

気功の歴史

中国では中医学の経絡理論などと結びついて、健康法として太極拳と同様公園などで広く行なわれてきました。
また、一定の医療効果を上げてきたので、中国では病院や療養所などで気功科を併設している場合もあります。

気功の「とりまとめ機関」世界医学気功学会

「世界医学気功学会」は気功が発祥した中華人民共和国の政府から世界で唯一認められている医学気功の振興と研究のための学会です。


「世界医学気功学会」 は、1989年11月16日に設立されました。
全世界で20数カ国の気功師と気功を研究する医師や科学者、気功の愛好者が参加しています。
本部は中国北京 北京中医薬大学内にあります。

日本では?

日本では中国と交流が深く、気功各派の自由な交流があり、武術、健康法や民間体育、各国の伝統療法、現代の臨床心理療法などとも結びつきながら、様々に進化発展しています。

西洋医学との違い

気功と西洋医学との違いは、私たちが通常病院に通って診療しているのが、「西洋医学」で、「気功」は「東洋医学」という分類になります。

病を癒す方法は、西洋医学と東洋医学では異なる

あなたが、病気になって病院で診療をうけると、医師の診断によって、投薬(薬の処方)であったり、重症の場合、「手術」をすることもあります。

西洋医学は、医学という「学問」=「科学」的な病気の治療が目的です。

ですから、何かの病気にかかると、必ず、薬を処方されます。

東洋医学で有名な言葉は、「医食同源」です。

医食同源とは、日頃からバランスの取れた美味しい食事をとることで病気を予防し、治療しようとする考え方です。
「医食同源」という言葉自体は中国の「薬食同源」の思想から着想を得て日本で生まれた言葉です。

ビタミン剤ばかりに頼って、食事をおろそかにするより、毎日の食事から必要な栄養やビタミンを摂取する方が、理にかなっています。

「西洋医学」では、病気になってから治療するというスタンスですが、「東洋医学」は、病気にならなような体を作るという点に重きを置いています。

「漢方薬」にも、「治療」のためのお薬は、当然ありますが、病気予防のために飲む「漢方薬」も存在します。

東洋医学と気功

あなたは、中国の公園で、多くの人が気功の訓練をしているTV放送をご覧になったことがありますか?

中国では、「気功」が日常生活に浸透しているので、病気の予防のために気功の訓練をやられています。

つまり、体内に正しい「気の流れ」があれば、病気にかかりにくくなるという「東洋医学」独自の考え方です。

気功は、本当に体に影響するのか?

TVの特番などで、気功家が、自分の体温を上げたり下げたり調整を行う様子が放送されたことがありました。

当然、体温の上下は「サーモグラフィー画像」で科学的に検証されています。

日本における「気」の昔からの日本人の考えかた

中国に限らず、日本でも、「気」というものに対しての、日本人独自の考えをもっています。

例)

  • 病は、気から 

  • 毒気を抜かれる 

  • 他人の疝気を頭痛に病む 

  • 善い気分 

  • 元気 

  • 気性 

  • 気を揉む 

  • 気を落とす 

  • 気を抜く 

  • 気を入れる 

  • 気を呑まれる 

  • 気を吐く 

  • 気を尽くす 

  • 気を取り直す 

  • 気を遣う 

  • 気も持ちようでどうにでもなる。 

  • 気の病 

  • 気が抜ける 

  • 気が張る 

  • 気が晴れる 

  • 気がまぎれる 

  • やる気 

  • いい気分 

  • いい気持ち 

など、管理人の独断で選びましたが、日本にも「気」を使った言い回しがたくさんあります。

もちろん「気」という考え方は、中国から入ってきたものですが、日本人なりに解釈していると思います。

気は、目に見えないのか?

世の中、目に見えないものがたくさんあります。

たとえば、磁力線は、目に見えませんが、生活の中で大変役に立っています。

原発事故の放射線も目に見えません。

しかし、放射線は、DNAを破壊し、ひどい場合は数時間で死に至らしめます。

気が見える人がいます

一流の気功師であれば、相手の気の流れや、病気の箇所の気の異常を見ることができます。

まるで、人間レントゲンですね。

当然、病気の箇所の「気」が見えれば、その場所に施術師から強い「気」を送って、施術することが可能です。

それが、気功施術です。

気功施術でどうなるのか?

気功で施術することにより、痛みを和らげたり、色々なケアが可能です。

心療内科にかかるような、心の悩みも改善できます。

癌の末期患者の、痛みを和らげたり、人間だけでなく動物(犬や猫のペット)にたいしても、施術可能です。

施術はどのように行うのか?

基本的に、Skype(スカイプ)による、遠隔気功です。

※遠隔気功とは、世界中どこにいても、ご本人様の「気」の状態を把握でき、病気の箇所に、施術師から気を送り込むことで、施術する画期的な方法です。

パソコン環境(又はスマートフォン)と Skype(スカイプ)環境さえあれば、 自宅に居ながらにして、施術をうけることが可能です。

費用は、どのくらいかかるの?

初回は、無料です。

継続して、施術を希望される場合のみ料金を頂きます。

現在、施術チームで施術を行っております。

スカイプを使うことで、3人(ご本人様と施術者2名)での会話が可能です。

費用ですが、日本一の施術者ですので、 現時点では、 1回30分のワンセットで、2万円ご請求させていただいております。

当然、施術を受けたい人が多くなった場合は、料金を値上げさせていただく予定です。

まずは、初回無料ですので、お試しいただけると、よろしいかと存じます。

連絡フォーム